前へ
次へ

不動産の有効活用の方法について

土地を所有している場合、そのまま空き家等にしておくと税金等の出費が必要となります。
そうなると

more

マイホーム購入時の住宅ローン相談

一般的には、マイホームを購入する時は、住宅ローンを組んでお金を借りた上で夢のマイホームを購入します。

more

外の景観までも考えた住宅が人気

各戸ごとにテラスのある連続したテラスハウス、ここ数年で若い世代から人気を集める不動産の1つの形式です

more

住宅の形式も実にバリエーションがある

不動産、私たちは土地あるいは家を購入するか、借りるのか、どちらかの住まいの選択を行います。
建てるならば、平面図と断面図などを読み取ってみることも大切で、この図面を結びつける時は、総2階であるかないか、階段の位置がどこかなど、特徴の強く出る部分から着目して欲しいものです。
集合住宅において、住宅密度を上げるための設計、間口を節約するにはフロンテージセービング形式が設計士から提案されています。
水まわりを住宅の中心部に集め、多様な設計プランに対応できるのがセンターコア形式で、家事をスムーズに行いたい、動線を意識したい主婦から人気の形式になっています。
最近の不動産、建て売りが目立ちますが、住宅の形式も実にバリエーション豊富です。
例えば、半階ズラしたフロアを作り出し、上下の空間を分割させたり、結合させたスキップフロア、二世帯不動産のコストダウンにも活用されたり、お子さんの成長に合わせて、親子間でのコミュニケーションの取り方も含めた使い分けもされています。

Page Top